FC2ブログ

5.体験入店~2


「ちょっ…ちょっ待って、だめだよぉっ…いれちゃだめっ」

敏感になりふわふわな気分の中、間一髪でいれられるのを止めた。



「…わかってるよ、わかってるけど、みんな他の子はHしてんだよ~?まりちゃんもしたくならなかった?」



(そりゃ…したくなったけど、でも…だめだよ店に見つかったら…)



「え、したいけど見つかったらヤバイし…」




「じゃあ素股してよ!素股。」



「うん、わかった…」



わたしは正常位の態勢で太ももに大きくなったモノをしっかりと挟んだ。


ぬるぬるに濡れた私の股はかなり滑りがよくなっていた。



男はちょうどクリトリスに擦りつけるように動きはじめた。


「あぁ…まり、ぬるぬるしてきもちいいよ~あぁ~きもちいい…」



(やだ…この人のおちんちん、すっごくかたい…それに、クリトリスこすれてめちゃくちゃきもちいい…)



「はぁ…はぁっまりも…あっ…きもちいいっ…はぁはぁはぁ…」



きもちよくてだんだんと意識が遠退いてきた。目を閉じると更にきもちよさが増した。



「あっ…んっ…はぁ…はぁ…またイキそっ…はぁ…はぁ…あぁん…んっ…」



男は更に息を荒くしながらスピードをあげて擦ってきた。


シュッ
シュッ


私のあそこから溢れでてくる愛液も手伝って、いやらしい音も鳴りひびく。



くちゅっ
くちゅっ



(もうだめぇー…またイッちゃいそー…きもちいいよ…)



その時だった。




ズブッ!




(えっ?なにこれっ?)



さっきとは明らかに何かが違った。

目を開けると男はうつろな目をしながら更に激しく腰をふり始めた。


そして、すぐに快感が別のものに変わった。


イキそうになる直前の脳には理解が遅すぎた。

同時に押し寄せてきた快感が理解をおそめた。


(えっ…はぁはぁ、なにこれ…すごいきもちいい…頭おかしくなりそ…もしかして…)


「あぁ~きもちいい…!!」



男のかたくなったものは、しっかりとまりの下の口が加えこんでいた。



ぐちゅっ
ぐちゅっ


気がついた時にはすでに遅く、止めないと、という気持ちはほど遠い所にいた。快感に負けていたのだ。



「ぁああんっ!!…あんっあんっんん…っ!!ぃやぁっ…あっ!あっ!やんっ…だぁ…めぇ…あぁん!!」


(やだっ…本番しちゃだめなのに…でも気持ちよくて…力ぬけちゃ…)



抵抗する力もぬけ、体はすっかり感じすぎていて、私の下の口はどんどん感度をましていった。


気持ちとはうらはらに、股は限界まで大きく開き、男のモノをしっかりとくわえていた。




「ぅあぁ…はぁはぁ…まりの中熱くてきもちいい…なんて締まりがいいんだっ…はぁはぁ…ほらぁ…こんなにしっかりくわえて…ほら!ほら!きもちいいんだろ?…ぅっあぁ…」


ギシッ
ギシッ


とゆう音とともに男は更に激しくピストン運動を始めた。


スポンサーサイト
[PR]

5.体験入店

HPでの写真もとりおえ、体験入店の日がやってきた。



ついに今日かぁ
緊張するな…





―1人目



ピンポーン



ドアが開いた。


「こんにちは、クラブ ルージュのまりです…」




「わっびっくりした!」



男はちょっと驚いて私を上から下まで見た。


わりと若い感じがした。
まだ30代前半というところだろうか…

しかもなかなかスーツの似合う紳士な感じだった。



「さ、入って。いやぁ…綺麗な子でびっくりしちゃったよ~」



(一番初めが若い人でよかったぁ~…はぁ)



「いや、新人さんてゆうから…え、なに今日、初めて??」


「はい、こうゆう仕事はじめてで…」



「じゃあ俺がはじめての客ってわけだ!なんか…嬉しいなぁ~」


笑顔がきさくでとても親近感がわいた。



「しかしまりちゃん、本当美人だね…マヂでびっくりしたよ。なに、なんでこの仕事はじめたの?やっぱお金?」


(なんか、いい人そうで良かったぁ~!)



「うん、いろいろあって…お金ためてるんです、勉強したいことがあって」


私は適当に理由を作って笑顔でこたえた。


(…で最初にシャワー浴びるんだよね、二人で。
私から言った方がいいのかな?)


「…そっかぁ~でこの風俗はじめたんだ~偉いね~。」


そう言うと男はいきなり背後に回り、ぎゅっと抱きしめてきた。


「まりちゃん、本当かわいいね…見てたら興奮してきたよ…」


男は耳元で息を荒くしながらつぶやいた。



「えっ…あ、ありがと、うれしい、あ、でも先にシャワーを…」



といいかけると、いきなり手首とあごをつかまれキスをしてきた。


(えっ!!いきなりっ…)



男はすぐに長い舌を絡めて激しいディープキスをしてきた。


「んっ…だぁめぇ…んん、シャワ…あっあびよ…」




「いいよ…そんなの…早くまりを触りたい…」



男は片方の手で服の上から胸を揉みほぐしてきた。



「あっ…ら、らめぇ…」



男はディープキスをしながら、一瞬でブラのホックをはずし、おっぱいがあらわになった。


(ちょっ、なにこの人…強引…口が離れない…)



すると両方の手で胸をわしづかみにし、時折乳首を激しくせめだした。



(やば…力ぬけちゃう…)



「んん…はぁっ…ぁん…」



すると男はスカートを急いで巻くしあげ、私の股を後ろから大きく開いた。


抵抗する間もなく、パンツに手を入れてきた。



(やばいっ…恥ずかしい…濡れてるわたし…)



無理やりされつつも体は正直でかなり感じてしまったことが、かなり恥ずかしかった。



くちゅっ
くちゅっ


「まり…こんなに濡らして…エロい体なんだなぁ…ほらほら、これきもちいい?」


男はクリトリスを上下に擦りはじめた。



「…あっ…んん、だぁめぇ…はぁ…き、きもちい…やぁっ…あっだぁめえ…」


(やだ、こいつ、さわりかた上手…きもちいいっすぐイキそ…)



「ほらほら、こうしたらもっときもちいいんじゃない?」



男は片方の手でクリトリスを剥いて、今度は激しい擦りはじめた。



(だめーそんなことしたらいっちゃうよー!きもちいいよぉ)



「あっ…だめぇ…いっちゃう…あぁん!!」



(やばいっ…いっちゃう…)


体が一瞬ビクッと上下にうなり、私はいかされてしまった。



(こいつ…なに…すごく上手…力ぬけちゃったよ…)



「まりちゃ~ん、すごい感じやすい子だねぇ…」




そういうと男はカチャカチャとズボンを脱ぎだした。


そそり立つあそこは、かなり立派だった。



(すごっ!!超おおきいっ…!!)



「さてと。」



男はいきなり私をベッドに押し倒すと、股を開き大きくなったモノを入れようとしてきた。

4.テレフォンセックス





件名:おかえり

本文:もう家に着いた?電話してもいい?






遠距離恋愛をしていた私たちは、一日に電話やメールを何度もしていた。


メールは30回、電話は10回くらい。

今思うと、とんでもない回数。

電話代も毎月5、6万はかかっていた。




本文:今着いたよー♪電話OKだよ♪



送信 ピッ







♪ 着信 とおる





(電話・・・はやっ・・・)





「もしもーし ただいまーとおるちんっ」



「おかえりー
心配したよー帰り道大丈夫だった?声とかかけられてない?」
 


「大丈夫だよ!ナンパとかキャッチされたけどぜーんぶ無視したからっ!!!」




胸がちょっとズキズキした。


まさかさっき風俗嬢になる契約をしてきたとは言えない・・・


バレないようにしなきゃ・・・





「ナンパ?!まりにナンパするとか100万年はえーのにな。そいつらブチくらしてぇや!」




この男は、3つ年上の独占欲と嫉妬心が強い、どーしようもない愛情の深い男だった。

男友達の番号は全て消しちゃったし、男友達から電話なんてかかってきた日には

大喧嘩で折り返し電話をするくらいだ。

束縛の強さに私はおぼれていた。




でも、地球がひっくり返されるくらい愛されていた―


―そして私も、深く深く愛していた。





「まり?」



「ん?なぁに?」



「声がかわいいっ・・・ってゆうか、まりの声ってエロイ」



「えっ・・・そぉ?普通なんだけど…でもうれしいっ」



「まりと会いたい…会って抱きしめてキスしたい・・・」



「私もっ・・・会ってキスしてえっちもたくさんしたいっ」



「俺もだよ、まり・・・」



「・・・まり・・・」



「ん?」



「・・・まりがそんなこというから、たっちゃったじゃん・・・」



「えっ・・・うそぉ・・・まりもえっちしたくなっちゃったぁ」



「まり、舐めて」



「えっ?舐めたいけど・・・どうやって?」



「何か舐めてよ。 で、その音聞かせて?」



私は鏡台の上にある整汗スプレーを手にとる。



「わかった・・・ちょっと待ってね」



整汗スプレーに衛星のためゴムをとりつける。



「とーるちん、舐めるよ・・・?ズボン脱がすよ」



「うん、今まりにズボン脱がされたっ・・・音出しながらいっぱいして。」




くちゅっくちゅっ じゅっじゅっ

私は受話器を片手にスプレー缶を加え、丁寧に音を出しながら舐めた。







「はぁ・・・まり・・・ はぁっ・・・きもちいい・・・

 本当にまりから舐められているみたい・・・」




「本当?きもちいい?・・・うれしいっ・・・もっともっと感じてっ」





私は激しくスプレー缶を音をたてて舐めた。

じゅぽっ じゅぽっ じゅるじゅる 





「うっ・・・ぁあ・・・ まり・・・ すごいよ、すごいきもちいい・・・」



とおるちんは一人で激しくこすっているんだろう。

とおるちんが声をもらすから思わず一人でしている所を想像してしまう。



さすがに私も興奮して

あそこが熱くなってきた・・・

すでにさっきしたばかりの股間に熱いものが溢れてきているのがわかった。


あそこを触りたくてひくひくする・・・




「ぁふっ・・・とおるちん・・・んんっ

 まりのあそこ、触って、お願い、もう我慢できないっ・・・んん」




「まり、したくなった?

 いいよ、触ってあげるから、大きく股を開いてごらん、下着も全部ぬいで」




言われたとおりに下着をぬぎ、足を大きくM字に開いた。




「触るよ・・・まり・・・ほら・・・もうこんなに濡れてるっ・・・すごいよ、いやらしい音がする」




私は目をつぶり、自分の指と、電話の向こうのとおるちんの指をシンクロさせながら

ぬるぬるになったあそこを何度もこする。



「あっ・・・はぁん・・・とーるちんっ あん・・・・きもちいい、きもちいいよぉ・・・!」



電話の声だけでこんなに感じている自分にびっくりした。



「まり・・・クリトリスがこんなに大きくなってる。

 こするよ?いい?こするよ?」



クリトリスが一番感じる私は、自分でクリトリスを剥き、中指でこすった。



「いやぁっ・・・あんっ・・・はぁ はぁ もうダメぇ・・・きもちいいっ・・・」



気持ちよすぎて指がとまらず、どんどんこする指が加速されていく。

ぬるぬるになったクリトリスはどんどん感度を増していく。



「まり、いっていいよ・・・いってごらんっ・・・」



「とーるちん・・・ はぁ はぁ、ダメっもう・・・もう・・・いっ・・・いっちゃう・・・っ!!!」



体がビクンッとうねり、私は自分の指でわりと早くいってしまった。




「はぁ・・・はぁ・・・」



「まり・・・きもちよかった?」



「うん、きもちよかった、本当にとーるちんに触られてる感じがしてすぐいっちゃった・・・」



「まり・・・いれてもいい・・・?」



「いいよ・・・ちょっと待って」



私は一人えっち用の、感触も色も本物そっくりに作られた大きなペニスをタンスから出した。


本番ぽくしたい時は決まってこれを使う。


これが硬さもまるで本物のようで、かなり大きさも立派ですぐにいけるグッズの一つだ。


このペニスは裏に強力な吸盤がついていて、壁やいろんな所に吸着して一人えっち

できるようになっている。


私はフローリングの床にそのペニスをしっかりと吸着させた。



「お待たせ、とーるちん・・・私が上になっていい・・・?」



「いいよ・・・乗って」




私はもう太ももまで垂れている愛液をすくいながら、あそこに玩具を入れていく・・・



「あっ・・はぁ・・・とーるちんのが入ってくるっ・・・あぁっ  んん 大きいっ・・・」



濡れすぎた私のあそこは、大きな玩具を奥まで差し込むために

深く腰をずぶずぶといれていった。


きもちいいっ・・・




片方の手でクリトリスにバイブを当てる。


「あんっ!!あんっ! はぁっはぁっ とーるちんっの大きくてきもちいいっ あんっ!!」


私はかなり感じてしまい激しく腰を上下にふる。




「まりっ・・・まりっ・・・はぁ はぁ 俺も気持ちいい・・・まりの声すごく感じるよ・・・」



目をつぶるとまるで本当にとーるちんとHをしているかのような気分になり

更に快感を増し腰の動きが激しくなる。




「とーるちんっ・・・とーるちんっ・・・あんっあんっ・・・まり・・・まり・・・イキそっ・・・うっあん」




「はぁ はぁ 俺もいきそうだよ・・・まり、音を聞かせて・・・」




私は玩具がずっぽり入っているあそこの近くに受話器を持っていき、激しく腰を上下させる。




「まり・・・聞こえるよ・・・はぁ はぁ もうダメだっ 俺もイキそっ・・・」



「やぁっ・・・だめっだめっ もうっ・・・まりもいっいっちゃう・・・イッ・・・いくっいくっ!!!」



「俺もっ・・・ぅあぁっ・・・いくっ・・・!!!」



絶頂に達したと同時にとーるちんの、うっといううなり声が聞こえる。

きっと精液をたっぷり出したのだろう。




受話器のむこうからは激しい息使いが聞こえる。


2人とも体力を使い電話のむこうでぐったりなってしまう。


疲れきった二人は、少し会話をして電話がつながったまま寝てしまった。

theme : 嬢の風俗日記
genre : アダルト

3.一人えっち

この日は、この後くるみと軽くお茶をして家路についた。



はぁ疲れた・・・

いつから働けるのかなぁ・・・

早くお金ほしいなぁ・・・




ベットにおもいっきりダイブして今日の出来事を思い出していた。




風俗かぁ

デリヘルだからホテルで襲われたりしないのかな…

危険っていう人もいるし。

ちょっと恐いな。





そして私は、これから働く自分をもんもんと想像していた。






―部屋をノックする私。



いやらしい顔をした息の荒いお客に、なめまわすように体中をみられる私。



服の上からいやらしく体を触られる私。



胸をあらわにされ、指先で乳首をころがされる私。



おもわず声がもれる私。



理性とはうらはらに感じてしまっている私。



下着に手が入ってきてもうすでにぐっしょり塗れている私。



滑りのいいあそこを激しくこするお客。



部屋中に響く、ぐちょぐちょとした私の愛液の音。



息の荒くしながら私の耳に舌を入れてくるお客。



下着を乱暴にぬがされる私。



興奮したお客に股を大きく開かれ、クリトリスを激しく舐められ責められる私。



片方の手の指で激しく出し入れされる私のあそこ。



かなり感じている私―








気がつくと私はバイブを片手に、もうびっしょり塗れたあそこをこすっていた。


クリトリスも大きく敏感になり、あそこからぐちょぐちょといやらしい音をたてている。




あ・・・きもちいい・・・んん・・・




片方の手で乳首を指先で転がし、片方の手でクリトリスにバイブを当てこする。


あっ・・・ダメ・・・


いっちゃうっ・・・・





私はすぐに絶頂に達っした。






想像の世界の脂ぎったオヤジでいかされてしまった・・・。


なんだかすごく虚しかった。






~♪





受信メール 1件





あ、とおるだ。




とおるは遠距離恋愛中の彼氏だ。

急いで濡れすぎて愛液を拭き取り下着をはきながら携帯を開く。

theme : 嬢の風俗日記
genre : アダルト

2.業界へ

金髪の男は、この辺のヘルス、ソープのお店をたくさん抱えている大手グループの社長だった。

聞いたことある名前だ。

この人が社長なんだー。

といってもまだ26歳らしいけど。



どう見ても格闘系の体系で、小麦色に日焼けした肌が白のタンクトップと金のネックレスをいやに強調している。


それにしてもこれで金髪って・・・

いかにも金融化ヤクザって感じ。


でも、ちょっと格好いいかも。





「どうも。はじめまして」




「・・・で、君たちは風俗がしたいの?ヘルス?」




「あっ・・・は、はい。」



「箱は?うちの箱で働く?二人ともかわいーし、いい給料だすけど!やってみる?」



私たちは顔を見合わせる。



「え?箱って・・・お店のこと??」



「そうだよ。店舗に入って働く。」



「2人とも福岡出身だし、絶対バレたくないんです。友達にも、親にも・・・」



「そっか~箱で稼げそうなのになぁ~!じゃあ・・・デリヘル紹介しよっか?」



「デリヘルは…大丈夫ですか?バレない?」



「デリヘルはネットでの写真指名で仕事がくるから、目以外はモザイクで隠す事はできるよ!
 ただ、顔全部隠しちゃうと仕事はほとんどこないかもな。」



「やっぱり少しは顔写真ださないとダメなんだぁ…」



「大丈夫。本人てわかんないように結構ー顔とか髪の色とか加工するから。
 今までバレた子なんてほとんどいないよ!」



少し安心する私たち。




「じゃあ・・・そうだな、俺の同級生で高級デリヘルをしてる奴いるから、そこを紹介するから!
 そこはレベル高くて綺麗な子しかいれないんだよっ」



2人はまたもや顔を見合せる。

今度は2人とも少しにやけている。




社長とやらは同級生に電話をかけはじめた。



くるみがこっそり話しかける。


「ねぇ ねぇ 緊張するねー
 顔写真バレないようにしてほしいよねー!」



私はすぐにお金がほしかった為、電話を切るなり社長に聞いた。




「あの、写真撮ったらすぐ働けますか?」




「うん、もちろん。

 ネットに載せる前にも新人さん紹介で仕事はふるよ!

 君なら美人だし、すぐに予約はいっぱいになるだろうね。」




これで働くお店が決まった。



名前は、神田 まり。

この日から、風俗嬢としての肩書きができた。

theme : 嬢の風俗日記
genre : アダルト

プロフィール

神田 まり

Author:神田 まり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ